NIYA LOG

英語、中国語、韓国語を勉強中です。2017年の目標はTOEIC満点、TOEFL100点、HSK6級6割、ハン検5級合格です!がんばろう!

ユーリ!!! on Iceを英語で100倍楽しもう!!!

先日国際学会で発表して来たのですが、最大の課題が

「慣れ親しんで来たもの以外のアクセントの英語が聞き取りにくい!!」ということでした。

私はアメリカ英語に一番慣れているのですが、そのほかのアクセント(アフリカ、ヨーロッパ、日本アクセントさえも)の英語は本当にむずかしい・・・

イギリス英語はイギリスのドラマやポッドキャストを聞くなどして対策して来たのですが、そのほかのアクセントはまだまだ手がつけられていませんでした。

そこで私が始めたのが・・・・

ユーリオンアイス英語学習法。 

 

 

Yuri on Iceとは、2016年に大ブームを巻き起こしたフィギュアスケートアニメ!

大きな大会で失敗した失意の日本人のフィギュアスケーターが、ロシア人イケメンカリスマフィギュアスケーター、ヴィクトルニキフォロフをコーチに迎え、グランプリファイナル金メダルを目指す、愛と感動の物語なのですが・・・

何より素晴らしいのが、英語版吹き替えがあるということなのです!

 

世界を舞台に活躍するフィギュアスケーターが主人公ですから、登場人物も日本、中国、アメリカ、カナダ、スイス、ロシア人など多岐にわたり、

アジア勢(アメリカ英語)以外はそれぞれの国のアクセントをもつ声優が担当しており、いろんな国のアクセントに触れることができます!

まさに私にぴったりのアニメ。 

 

なお、英語吹き替えのDVDは日本では一般発売していないので、楽天などで業者さんから購入できるようです。あと、アメリカのI Tunesでも販売しているとか。

 

 

さて、DVDで見るだけじゃなく、最大限この素晴らしいアニメを楽しみながら英語を勉強する方法をご紹介します!!

 

1 カラオケで歌う!!!

 劇中の音楽は、梅林太郎・松司馬拓という天才たちによって作られた超素敵なもの!!

多くの曲が英語歌詞なので、英語の勉強にぴったり!!

JOY SOUNDには比較的多く曲が入っています。

私の大好きなTheme of King JJ↓

Theme of King JJ

Theme of King JJ

  • provided courtesy of iTunes

 

 2 ポッドキャストを聞く!!!

海外のユーリファンがハイテンションで番組の感想を語り合うポッドキャストがありまして!

Yuri On Ice After Show

Yuri On Ice After Show

  • AfterBuzz TV Network
  • テレビ番組/ムービー
  • ¥0

毎回大盛り上がりです。

特集する回よりあとの回のネタバレはしない方針だそうなので、一話一話見終わるたびに聞くのも楽しいかも!!

ホストの中には、日本に住んでいたメンバーもいて、「実は日本語版ではこうなっていてね〜」と色々教えてくれるので、外国人目線と日本人目線との違いを楽しむことができます。

 

例えば日本語版の第11話のタイトルは

「超超がんばらんば!!グランプリファイナルSP」ですが、

英語版では「Gotta Super-Supercharge it! Grand Prix Final Short Program」。仕方ないことですが、主人公の勇利の地元である九州の方言は表現できていないんですね。

ポッドキャストでは、 ヴィクトルと再び世界の舞台までやって来た勇利が、タイトルではふるさと九州の言葉に戻ってくる・・・と紹介されていました。みんな超感動していた。

ヴィクトルが「金メダルにキスしたいな〜」というシーンでは、「実は、日本語では睾丸のことをgald ballsっていうんだよね・・・だからもしかして、このセリフは・・・」と深読みして盛り上がったりと、発想が本当に豊かで面白い!!その考えはなかった!!笑

あと、オタベック・アルティンアルティンって、トルコ語で「金」っていう意味なんですって。

この盛り上がりぶり、世界で愛されてるアニメなんだなあ〜

3 YouTube!!!

海外の方がユーリを取り上げたYouTubeはたくさんあるのですが、いくつかオススメのものをご紹介します。


107 Yuri!!! On Ice Anime Facts YOU Should Know! - Anime Facts (107 Anime Facts S2 E5)

ユーリオンアイスのトリビア107連発。

一部をご紹介すると、オープニングソング「History maker」が、最終話でのクレジットでは「History makers」になっているそうです。確認はしていないのですが・・・泣ける〜

 

他にもユーリの英語字幕版と英語吹き替え版の比較をするビデオもあったのですが、どうやら削除されたみたい・・・残念。

 

4 ツイッターで海外のファンと交流!!

ツイッター上にはたくさん海外のユーリファンがいますよ〜!

 

さて。

全12話を見終わったことには、おそらくロシアアクセントの英語はだいぶ聞き取れるようになったことと思います!なんども見れば国際派英語話者への道は近いかも!?

国際学会で発表してみた

先日海外で英語で発表する機会を得ましたので、感じたことや今後の対策をまとめました。

 

どのように事前準備していったかについてはこちらの記事をご覧ください。

 

niya.hatenablog.jp

 

時差ボケがつらい

今回の会場は日本との時差が8時間。現地時間で昼過ぎになると、日本時間では深夜になります。午後の発表を聞いている時も夜の食事会の時も、日本では夜に当たるので、半分くらい脳が寝てる状態でした。

わたしの発表は到着してから4日目だったので、少しは時差に慣れてきて体調もましになりましたが、到着してすぐ発表だったらと思うと恐ろしいです~

 

機内で現地時間の生活に合わせて睡眠をとるとか、バスタブがある宿をしっかり予約して、夜はお風呂にじっくりつかって体を休めるとか、窓がちゃんとある部屋を予約して朝は太陽光を浴びるとか、アロマを焚くとか、体に負担をかけないようにして乗り切りましょう(ᵔᴥᵔ)

 

本当は開始の2.3日前に到着して体を慣らすのが望ましいですね。

 

やっぱり英語がまだまだ....

時差ボケもあったのかもしれませんが、英語ができなくてつらい~と感じることが多くありました。

今後の課題と対策を下にまとめました。

 

会話力をつける

学会では発表も大事ですが、発表以外でのコミュニケーションも重要ですよね。発表自体は原稿を事前に用意していけますが、発表の合間のコミュニケーションについてはなんの話になるか予測不可能です。毎日英会話のレッスンで日常会話の練習はしていますが、

・乾杯の挨拶

・扉を開けて待ってもらったときのやりとり

・開会挨拶

・久しぶりに会った人へのあいさつ

など、スカイプ英会話だけでは経験することのないシチュエーションが多くあり、こういうときはどういう言い回しが適切なのか、、と思ってもとっさには言葉が出てこないことが何度もありました。

→特定のシチュエーションで使われる言い回しを覚えるために、

ドラマを字幕付きでみながら、様々なシチュエーションに対応できるようにする

発信する力をつける、長い文章を言えるようになる

日本では聞き役に徹したほうがいい評価が得られる場合もありますが、海外ではただ聞いているだけだと永遠に自分が話す順番が回ってこないことも・・・。

日本語であっても、積極的に会話の中で発信する練習をしようとおもいます。

長い文章を聞いて理解する力をつける

プレゼンを聞いていると、結局なんの話だったのか、話が追えなくなってしまうことが多く、苦労しました。

➡︎聞き流すのではなく、スライドの区切りなどで「ここまでは〇〇の話。つぎからは〇〇の話。」など、まとめながら聞いていく練習をするのが効果的かもしれません。

会話ではなく一方的に講義形式で話す英語を聞く練習が必要だと思います。

アプリの「iTunes U」を使用すると、世界中の大学の講義や講演会、シンポジウムを無料で聞くことができます。アカデミックな講演を聞く練習にはとても便利です。

 

College of Arts and Sciences

College of Arts and Sciences

  • Case Western Reserve University
  • iTunes U
  • ¥0

 

 

さまざまな国のアクセントを聞くことに慣れる

さまざまな国からの発表を聞きましたが、自分の馴染みのないアクセントでの発表はさらに理解が難しくなります。

わたしの場合はアメリカアクセントが一番聞き慣れているのですが、アフリカのアクセント、イギリスのアクセント、日本のアクセントも難しく感じます。今後はさまざまな国のアクセントにポッドキャストやアニメを使用して触れて行こうと思います。

 

最後に、今回最も勉強になったことは「発表はしたほうがいい」ということです。以前同じ学会に参加のみしたことがありましたが、なかなかコミュニティに入っていくのは難しかったです。今回発表をしてみると、発表後に20人くらいの方に話しかけていただきました。みんなもわたしを知っているし、話しかけた時の会話も弾みやすく、コミュニティケーションが円滑になります。

英語が苦手な人にとっては英語で発表するのはハードルが本当に高いのですが、やってみる価値はあります。

自信もつきます。

ぜひ挑戦してみてください!

 

You must try it!

【アニメ記録】ユーリ!!! on ICEの英語版アニメを見てみた

現在、アマゾンプライムで配信中のユーリ!!!On ICE。

 

自分はそんなにアニメ好きな人間じゃないと思っていたものの、見はじめたら止まらず、気づいたら三日間で第一シーズンを見終わっていました。

超楽しい!

ヴィクトルイケメン!勇利も滑ってる時超かっこいい!!普段とのギャップが半端ない!

ディーンフジオカの歌うオープニングも超かっこいい。

カラオケ行ったら絶対歌おう。

早く第二期あるいは映画始まって!!

フクースナ!!(ロシア語で美味しいという意味)

 

こんな私の欲を満たすものはこれしかありません。

 

 

英語版吹き替え。

 

 

 

おもしろポイントは下記の通り。

・勇利は普通の発音(多分アメリカ?)なのに、小さい時のユリオとヴィクトルはなんか訛りがある!これがロシア訛りなの・・・?超かわいい。(あとで気づいたけどユリオはたまに訛り出る)

・日本語だと「ヴィクトル・ニキフォロフ」のアクセントは「フォ」の部分だけど、英語だとVictor Nikiforovのkiの部分にアクセントがくる。

・第一話のタイトル、「なんのピロシキ!涙のグランプリ・ファイナル!」。英語版では、「Easy as Pirozhki」。ピロシキってそんなに作るの簡単なのかな?って思っていたら・・・

matome.naver.jp

「Easy as pie」=とても簡単な、

にかけているという話も。

勉強になるな〜!!

・第2話、ヴィクトルが勇利の家に押しかけてきて夜「勇利〜一緒に寝よう〜」というところ。英語では「Let's have a slumber party!」=(少女たちの)お泊まり会

一気に可愛い感じになった〜!

・第3話、ヴィクトルがお風呂場でSNS用の写真を撮ろうとする場面。勇利「浴室での撮影は禁止なんだ」。英語では"We don't like people taking pictures in the bath. "

 ・第3話、ユリオが滝の中でボーッとしている場面。勇利「もう、滝行やめとこう?」英語では"Why don't we call it a day?"

Call it a day...もう十分にやったので打ち切る

 

これまで、ドラマとか映画、ポッドキャストを見て勉強するというのはよくあったけど

アニメを見て勉強するっていう方法もあったんだな〜!

超捗りそうです。

これからもおもしろポイントが出次第随時追加していきます!

そういえば英語字幕もあるみたいだけど、吹き替えと全部同じなのかな??

 

唐津聖地巡礼に行きたいな〜もはやロシア行きたいな〜ロシア語やりたいな〜

 

 

超ワクワク。

グランプリシリーズもみよう!(本物の!)

 

 

【読書記録】Amrita by Banana Yoshimoto

ハタチぐらいの時から吉本ばななの作品が大好きで 、

辛くなった時、美しい日本語を読みたくなった時、秋の夜とか、いつも手に取るのは吉本ばななでした。

その中でも一番好きなのが『アムリタ』。

どんな話かというと、階段から落ちて記憶を失った主人公が、超能力を持つ弟、作家の恋人、太陽みたいな母とともにゴクゴク水を飲み干すように毎日を生きていく話。

 

何度読み返したかわからないくらい大好きな作品です。 

アムリタ〈上〉 (新潮文庫)

アムリタ〈上〉 (新潮文庫)

 

 

英語を勉強するようになって、英語版も読み始めました。

日本語版をしっかり読んできたためか、英語版の一文一文を読み進める度に日本語の該当部分が脳裏に浮かび上がってきます。

かと思えば、英語の文を読んで「こんな文章あったっけな?」と気づいていなかった文章を再発見することもあり。翻訳と原文との違いを楽しめるようになったのも、英語を学んでよかったことの一つです。

Amrita

Amrita

 

 

原文との違いを楽しむ、で思い出したのがこちら。

「自分の限界を知る、ということは新しいレベルの真実の領域を見つけるということだって、ユーミンもセナもジョン・C・リリーも言ってるよ。」

「その人たち誰?ユーミンは知ってるけど。」

主人公の朔美と弟の由男との会話です。

英語だとこうなっています。

"You know, there are quite a few people in the world who've said that once you've recognized your own limits you've raised yourself to a higher level of being, since you're closer to the real you. Let's see, Yūmi Matsutoya said it, Aryton Senna said it, John C. Lilly said it..."

"I've heard aout Yūmin, She's a siger. But who are the rest of the people you are talking about?"

 

英語の方が朔美の発言がよりわかりやすく具体的になっていますよね。

私が面白いと思ったのはユーミンのところ。本当は「ゆみ」は「ユーミ」じゃないけど、朔実の発言では「ユーミ」になっています。これは、由男が返答に「ユーミン」という言葉を使っているので、ユーミンを知らない外国人にもYūmi Matsutoyaがユーミンであることをわかってもらうためなのかな。

 

@@@

 

ハタチの頃私はまだ学生で、いろいろなことに疲れて、何もしたくなくて、

ずっと小説ばかり読んでいました。当時刊行されていた吉本ばななの本はほぼ全部読みました。

その時は、「小説ばかり読んでないで、勉強しなきゃ、就職活動もしなきゃ」と焦りながらも、その活力が出てこなくて、ひたすらベットで本を読んでいました。

 

今になってみると、あの時たくさん吉本ばななを読んでおいたからこそ、今英語で読で翻訳を読む楽しみも生まれたし、何よりも自分の心をどんな風に整えるのが効果的かがわかったような気がします。

 

@@@

この小説の中で、一番好きなフレーズがあります。

「それでも、自分の恋人が同じ朝と夜、同じ時間の中に同時にいると思うだけで、いつもの夕方も甘く見える。電話をしても、のびのびと話せる。」

この一節がどのように訳されているのか楽しみにしつつ、今日も英語版を読み進めます。

 

 

韓国語を始めて6ヶ月でできるようになったこと

4月から韓国語の学習を始めてはや6ヶ月。学習もようやく軌道に乗って来ました。

これまでどんな学習をおこなってきたか、何ができるようになったか、まとめてみます。

 

これまでの学習

NHKラジオ まいにちハングル講座を毎日聞く

 

 

毎朝、ラジオハングル講座を聞きながら、小さい声でシャドーイング(※聞いている音声にかぶせるように、真似をして口に出す練習)をしながら通勤しています。

人とすれ違うときは黙るようにしているのですが、あたりに人影がないときはだんだんノって来てどんどん声が大きくなってくるので、角から急に人が出て来たとき焦ります。

でもイヤフォンで電話してるふりすれば平気か。笑

 

ラジオハングル講座には、入門編である「まいにちハングル講座」と上級編の「レベルアップハングル講座」の二つがあります。

この半年間はまず、まいにちハングル講座を聞きました。

 

歩きながらテキストを見ることはしませんが、職場に到着してから時間があればテキストを開き、聞いてもわからなかった部分を確認します。

朝はゆっくりと確認する時間が十分にはないので、1日のうち余裕ができたとき、テキストをみながら再度聞き、単語の意味や用法を調べています。

 

・韓流ドラマを見る

韓国語の音声をたくさん聞くことで、「聞いたことがある単語」が少しずつ増えて来ます。

全く聞いたことがない単語を覚えるより、音だけでも聞いたことがある単語を覚えるほうが何十倍も頭に入って来やすいと感じています。

そういう意味では、韓流ドラマ鑑賞はラジオハングル講座でかっちりと行う学習のための下地づくりといえます。

もう一つ重要なことは、イケメンが韓国語を話すのをたくさん聞き、韓国語=イケメンというイメージを持っておくことで、韓国語がどんどん素敵に聞こえて来て、やる気が倍増します!

 

・韓国に行く

実際に使うチャンスがあると、かなり刺激になります!

私はハングル講座を聞き始めて5ヶ月目に2回、韓国に行きました。

当たり前ですが、韓国には韓国語の教材がいっぱい。

勉強のしすぎで頭が痛くなるくらい韓国語に触れ合うことができました。

毎日、日本よりも値段が安くて利用しやすいタクシーに乗って移動しつつ、街の看板を読む練習をすることで、あやふやだった文字をしっかり覚えることができました。

現地最高!

関西国際空港からソウルまで、ホテル2泊付き往復航空券が3万円でした。

東京に行くより安上がりです!最高!

 

できるようになったこと

・文字を覚えた

これが結構大変でした。

6ヶ月くらいかかった。笑

でも文字がを覚えると、単語を覚えるのも早くなり、かなり捗ります。

これは反復あるのみですね。

 

・少しずつ良く出てくる単語を覚え始めた

お母さん、お姉さん、「〜と」、「私」、「(文末の)ね」、「一緒に」、「今日」、「さっき」など、よく登場する言葉を覚え始めました。

覚えようと努力したわけでもなく自然に入って来たものもあります。

 

まだできないこと

・自己紹介

現段階では、ラジオ講座に出てくる1フレーズを一日一つ、意識的に書いて覚えるようにしています。

この学習方法だと与えられたフレーズを覚えることになるので、

自分でよく使うオリジナルの言葉を組み立てることまではまだ到達できていません。

あとでしらべて覚えてみよう。

 

・活用形の理解

まいにちハングル講座は文字を覚えることでほとんどの期間が終了してしまい、動詞の活用についてはさらりと終わってしまいました。

今はレベルアップハングル講座を聞いていますが、

活用の仕方を理解していないのでほとんど丸覚えです。

 

 

 

@@@@

始めてから6ヶ月ですが、自分ではかなり進歩したので大満足です。偉い!

あと半年で、少しは好きなことが自分で言えるようになるといいな〜

 

@@@

ちなみに、始めてから6ヶ月と言いつつ、実は最初にはじめたのは二年半前です。

二年間、ラジオ講座のテキストを時々買っては2日で諦め、買っては1日で諦め、を繰り返して、

今シーズンでやっとまいにち聞けるようになりました。

そういう意味では、上記に記したことは 二年半やってできること と言えるかも。

 

国語学習を始めるには、何よりも「始める」のが大変なんですよね。

本格的に学習を始める前、助走の期間に、

やる気を出すためのネタをどれだけ自分に与えられるかが重要なのかもしれません。

【読書記録】7ヶ国語をモノにした人の勉強法

 よかった本のご紹介。

7カ国語をモノにした人の勉強法 (祥伝社新書331)

7カ国語をモノにした人の勉強法 (祥伝社新書331)

 

ちょうどいま中国語、韓国語、英語を並行して勉強しているので、複数の言語を同時に勉強するための本を手に取りました。 

 

著者の橋本陽介先生は中国語がご専門で、高校の教師もされているとか。

調べて見たところこちらの高校では、サンスクリット語や韓国語、フランス語などを含めた複数の言語が学べるとか。

ヨーロッパの人などを見てると、何ヶ国語も話せるのは当たり前。日本人がこんなに語学の習得に苦労しているのは、やはり「必要がないから」なんだと思います。

でもやっぱり、複数の言語を話せたら可能性は広がる。そこで、周りに複数言語が話せる人がいると、「自分でもできるのかも」と自分の心の壁が取り払われるのじゃないかと思います。

私も周りに、日本ではマイナーな言語を当然のようにいくつも話せる人が何人かいて、多くの影響を受けたと思っています。

そう考えると、この高校は素敵な環境だなと思います。

 

印象に残っているエピソード

・授業に出るより本を読んだ方がいい。(授業は効率が悪い。)

 多くの学生は試験前に二週間くらいやるだけで試験はなんとかなってしまう。ということは、二週間くらいでできることをわざわざ半年もやっているだけである、とのこと。

 確かに・・・!日本史も受け身で授業を聞くより、自分で司馬遼太郎とか読んだ方が頭に入るんですよね。教育とは一体・・・。

 

・中国語は音だけ覚えればいい。→学習には、ドラマがよい。

台湾ではない、普通話のドラマを探してみたのですが、なかなか面白そうなのが見つかりません。また面白いものがあればお知らせします!


・漢字が違って読み方が同じ単語は、日本語の語源が同じ。
例えば「うつす」。漢字には「写す」「移す」「映す」など様々な種類がありますが、これは中国では使い分けられていた概念でも古い日本では同じ概念だったということを示すようです。

こうして古くから、日本語に中国語は混ざり込み、だんだんとその二つが近いものになってきているので、日本人が中国語を学ぶのは簡単なんですね。

・外国語のハリーポッターシリーズを読むといい。

→なんと!私も英語をかつて読み、ものすごく上達を実感しました。

今中国語で読んでいます。


・音のリズムをつかんでいると、単語が頭に入ってきやすい。

 →私は長期間様々な練習をした結果、発音が良いと言われることが多のですが、カタカナで、かつ日本語のリズムで外国語を発音している人って大変だな〜!と思います。

リスニングの時は外国のリズムで聞かなくてはいけないのに、読む時は日本語のアクセントだなんて、ほとんど二つの言語を覚えようとしているようなもので、そのふたつを頭の中でつなぎ合わせるという作業もしなければならないし、何倍もの労力がかかります。

元から外国のリズムだけを学んだ方が楽だと思います。


・日本語は、人物からの視点が多い。英語は、人物の外側からの視点が多い。

・言語は、一度覚えたらわすれない。(忘れてしまう、といっている人は、まだ覚えていない)

→これは、外国語学習者としてはかなり嬉しいですね。語学は使わないと忘れてしまうっていうけど、使わない時は頭の中にねむっているんですね。ノンフィクション作家の高野秀行さんも複数語を操る方ですが、その国にいくとまた喋れるようになると書かれていました。

・よむ、かく、きく、はなす、の中で書くのが一番難しい

→これは今ひしひしと感じています。

書く練習もしていきたいけど、書く内容がないから練習に困ってしまいます。

外国語で書くというより、何か新しい内容をひねり出して書くということが面倒くさい。

ニュースや新聞の内容をまとめるとか、あまり創造性のいらないことから始めていこうと思います。

 

@@@@

面白い本なので是非!複数言語を学ぶ人にはおすすめです。

 

レアジョブ スピーキングテストを受験しました

レアジョブで最近始まったスピーキングテストを受験しました。

履歴書に書いてアピールできるわけでもないので受けるつもりはなかったのですが、

以前レアジョブのビジネスコースを受講していた際、どのレベルの教材から始めていいものかわからなかったので、参考にしようとチケットを購入していました。(料金は税抜き2980円。)

ビジネスコースは結局すぐにやめてしまったのですが、チケットの有効期限が切れそうということで急いで受験しました。

 

概要

試験はパソコンでのみ行えます。タブレットスマートフォンでは受けられないようです。また、Macは対応しているもののSafariは非対応とのことで、Firefoxをインストールしました。

自動音声による受験と、オンライン上に実際に人がいて指示を出す受験とから選べますが、自動音声の方は予約が必要なく、好きな時間帯に受けることができるため(あと、人に聞かれているのはなんか恥ずかしいので・・・反応してくれるならともかく笑)、今回は自動音声としました。

普段のレッスンのようにスカイプを用いるのではなく、ブラウザ上で受験します。

 

6つのセクションから構成されており、計30分かかるということですが実際は15から20分程度で終わりました。

 

感想は下記の通りです。

(なおご参考までに、2017年現在、私のTOEICスコアは950、TOEFLは77。

レアジョブ歴3年半、ほぼ毎日受講して総レッスン数は1276回です。)

・言いたいことをすぐに言い終わってしまい、制限時間が非常に余る。(なんだか事前に言われていたものより長かったような・・・?)

 自分で構成できる話題ならいくらでも付け足せるけれど、提示されたストーリ〜について述べるときはいうことがなくなってしまう・・・!

・受験中に画面上に「Section1」など今受験しているセクションが表示されるんだけど、スペースはいらないのかな・・・?(「Section 1」)細かいことが気になる。

 

公式サイトにある、他のテストとの相関図によるとTOEIC945以上だとLEVEL 10くらいとのことなので、level 10くらいだといいのですが。

www.rarejob.com

 

結果は15営業日後ということですので、またレポートします。

 

Have a nice day!