NIYA LOG

英語、中国語、韓国語を勉強中です。2017年の目標はTOEIC満点、TOEFL100点、HSK6級6割、ハン検5級合格です!がんばろう!

レアジョブ スピーキングテストを受験しました

レアジョブで最近始まったスピーキングテストを受験しました。

履歴書に書いてアピールできるわけでもないので受けるつもりはなかったのですが、

以前レアジョブのビジネスコースを受講していた際、どのレベルの教材から始めていいものかわからなかったので、参考にしようとチケットを購入していました。(料金は税抜き2980円。)

ビジネスコースは結局すぐにやめてしまったのですが、チケットの有効期限が切れそうということで急いで受験しました。

 

概要

試験はパソコンでのみ行えます。タブレットスマートフォンでは受けられないようです。また、Macは対応しているもののSafariは非対応とのことで、Firefoxをインストールしました。

自動音声による受験と、オンライン上に実際に人がいて指示を出す受験とから選べますが、自動音声の方は予約が必要なく、好きな時間帯に受けることができるため(あと、人に聞かれているのはなんか恥ずかしいので・・・反応してくれるならともかく笑)、今回は自動音声としました。

普段のレッスンのようにスカイプを用いるのではなく、ブラウザ上で受験します。

 

6つのセクションから構成されており、計30分かかるということですが実際は15から20分程度で終わりました。

 

感想は下記の通りです。

(なおご参考までに、2017年現在、私のTOEICスコアは950、TOEFLは77。

レアジョブ歴3年半、ほぼ毎日受講して総レッスン数は1276回です。)

・言いたいことをすぐに言い終わってしまい、制限時間が非常に余る。(なんだか事前に言われていたものより長かったような・・・?)

 自分で構成できる話題ならいくらでも付け足せるけれど、提示されたストーリ〜について述べるときはいうことがなくなってしまう・・・!

・受験中に画面上に「Section1」など今受験しているセクションが表示されるんだけど、スペースはいらないのかな・・・?(「Section 1」)細かいことが気になる。

 

公式サイトにある、他のテストとの相関図によるとTOEIC945以上だとLEVEL 10くらいとのことなので、level 10くらいだといいのですが。

www.rarejob.com

 

結果は15営業日後ということですので、またレポートします。

 

Have a nice day!