NIYA LOG

英語、中国語、韓国語を勉強中です。2018年の目標はTOEIC満点、TOEFL100点、HSK6級6割、ハン検4級合格です!がんばろう!

キクタン韓国語を使い倒す

ハングル能力検定を受験して、いかに単語を覚えていることが大事かを痛感し、単語帳を購入しました。

今回はわたしの単語帳活用法をご紹介します。

 

わたしの場合、出会った単語をノートに書き留めて作った自作の単語帳を使うことが多く、あまり既存の単語帳を利用してきませんでした。

しかし語学の初級段階では、出会う単語出会う単語が全て知らないものなので、自作の単語帳では単語数が膨大なものになり、復習が効率的にできなくなってしまいます。

そこで、会話に必要な基礎的な単語だけをまとめた単語帳を購入し、そこに載っている単語から覚えるようにしようと考えました。

 

今回は、インターネットで音声DLができる『キクタン韓国語 入門編』を購入しました。

 

経験上、単語を覚えるには、

「何回その単語に出会えるか」が重要です。一度であった単語にもう一度別の場所で出会うと、記憶が強固になり覚えやすくなります。

 

私は、「どこでその単語にであったか」を単語帳に書き留めて、単語帳を開くたびに記憶を強固なものにしています。

単に無機質な単語のまま覚えるのではなく、その単語が使われたシチュエーションごと覚えると、頭に残りやすいだけでなく、適切なシチュエーションで使う手助けにもなります。

 

f:id:niya2828:20180706235428j:image

 

キクタン韓国語は見開きに6個の単語が並んでおり、右側のページは書きとり練習用になっています。わたしはこの右側に、この単語に出会ったときのフレーズを書き込んでいます。

例えば、

・好きな音楽の歌詞

・試験に出てきたときの問題文

・韓国語で日記を書いたときのフレーズ

などです。

 

この単語帳には載っていない単語に出会ったときは、関連する単語の右側に書いています。

例えば「辛い맵다」という単語に出会ったときは、「辛い」という項目がないため、代わりに「味맛」という項目の右側にセンテンスを書いています。

 

単語帳に単語との思い出を追加していくと、単語帳を開くたびに、脳が単語とともに思い出も引き出してくれます。

こうすると、無味乾燥な文字の羅列だった単語に愛着が湧いてきます。

 

この方法で、いま一ヶ月ほどでこの本の60パーセントほどの単語を覚えることができました。

のこりの40パーセントも頑張ります(^^)